WP9 2022

【系統確立】ブラッシンググルーム

kamioka

ここはブラッシンググルーム(親系統:ナスルーラ系、子系統:レッドゴッド)を子系統として確立させる方法についてまとめた攻略記事である。

子系統:ブラッシンググルーム確立

難易度

初級

種牡馬引退

1990年

エディット

なし

開始年

1976年

海外牧場

あり

DLC

なし

確立年

1991年

private

不要

支配率

世界2%

史実馬

所有

確立させるポイント

1976年スタート、エディットなし。種牡馬ブラッシンググルームは90年末に引退予定であり、今回はprivate種牡馬施設を使い91年末に世界2%で確立させたが、ブラッシンググルームの確立を最初から意識していれば確立は容易である。

ブラッシンググルームは優秀な産駒が多いため史実馬を所有し活躍させればよいので、特に自家生産馬を生産し活躍させる必要はない。

ブラッシンググルームは米国所属であるため、産駒は米国で活躍させて種牡馬入りさせたいところだが、レインボウクウェストなど欧州で種牡馬入りする史実馬が多い。そのためブラッシンググルーム系の血統支配率は米国と欧州で分散されることが多くなる。

この現象を使い、ブラッシンググルーム系産駒を生産する場合は日本に種牡馬入りさせることで、比較的簡単に血統支配率世界2%を達成しやすくなる。

史実馬のみで系統確立を狙う場合は、ブラッシンググルームの父レッドゴッドが米国血統であるためブラッシンググルーム産駒の芝適性は軽めになりやすい。米国の芝を中心に走らせ、ブラッシンググルームの種付け料アップに活かすと良い。

今回系統確立させた際の流れは

  1. 78年末にブラッシンググルーム種牡馬入り。
  2. ブラッシンググルームに対する種付けはほぼナシ(早期確立を狙う場合はあっても良い)
  3. 史実馬を8頭購入。(マウントリヴァーモア、キャンディストライプス、バイアモン、レインボウクウェスト、アイシーグルーム、グルームダンサー、ラーイ、ブラッシングジョン)
  4. 90年末引退時にprivate入り、91年末に系統確立。

所有推奨史実馬

90年までの確立を考えた場合、ブラッシンググルームの系統確立に活かせる所有したほうが良い史実馬は以下の通り。

ブラッシンググルーム産駒

マウントリヴァーモア産駒

レインボウクウェスト産駒

人気YouTubeチャンネルがついに書籍化! 1年以上にわたって解説してきた特徴や狙い方を新たに整理した完全版です。初心者にもわかりやすく、血統マニアも納得の内容になっています。

活用させた史実馬

自己所有し、活躍させた史実馬は以下の通り。

  • マウントリヴァーモア…7戦1勝
  • レインボウクウェスト…17戦10勝 GⅠ9勝(香港トリプルクラウンなど)
  • キャンディストライプス…9戦5勝 GⅠ1勝(ハリウッドダービー)
  • バイアモン…7戦4勝 GⅠ2勝(米国芝3冠)
  • アイシーグルーム…14戦4勝 GⅠ2勝(シューメイーカーマイルS、フランクEキルローMS)
  • ラーイ…9戦5勝 GⅠ1勝(BCターフスプリント)
  • グルームダンサー…8戦2勝 GⅠ1勝(ブルースD.S)
  • ブラッシングジョン…9戦6勝 GⅠ3勝(アーカンソーダービーなど)

 

確立した時の種付け料

1991年末に世界2%で確立したときの種付け料は以下の通り。

  • ブラッシンググルーム private
  • クリスタルグリッターズ 450万
  • マウントリヴァーモア  500万
    • ハウスバスター   1100万
  • レインボウクウェスト  900万
    • パノラミック    350万
    • クウェストフォーフェイム 500万
  • バイアモン  450万
  • キャンディストライプス 300万
  • アイシーグルーム  500万
  • グルームダンサー  250万
  • ブラッシングジョン 500万
  • ラーイ   400万
  • 自家生産馬 250万

系統確立させるメリット

ブラッシンググルームを系統確立させるメリットは、まず確立が簡単であり、ブラッシンググルームの血は様々な馬に引き継がれている。

そのため爆発力向上につながりやすいため、ブラッシンググルームを使う予定が無かったとしても余裕があればブラッシンググルームの系統確立に動いておきたい。

90年代の日本競馬界を代表する1頭であるサクラローレルに「ブラッシンググルーム→レインボウクウェスト→サクラローレル」と繋がり、2020年頃で言えばクロノジェネシスの父バゴに「ブラッシンググルーム→ナシュワン→バゴ」と繋がる。

また「ブラッシンググルーム→ラーイ→ファンタスティックライト」と、能力因子を2つ繋げるラインもある。

他にもサイアーラインだけではなく、ラムタラやテイエムオペラオー、マヤノトップガンの母父であったり、フランケルの母母父にレインボウクウェスト(ブラッシンググルーム産駒)が入っている。

スポンサーリンク
ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました