ウイニングポスト9 2021

【配合理論】インブリード

インブリード【いんぶりーど】

血統表の4代前までに同一の祖先を持っている近親交配のこと。

なお種牡馬(父)の3代目と繁殖牝馬(母)の4代目(またはその逆)の場合は奇跡の血量と呼ばれ、インブリードとは別に表記される。

条件

種牡馬(父)と繁殖牝馬(母)それぞれの4代以前までの血統表内に同一の祖先馬が1頭以上いる場合成立する。

例:オルフェーヴル血統表

上画像の場合、オルフェーヴルの4代前と3代前に同一の祖先馬ノーザンテーストが確認できる。

この場合「ノーザンテーストの4×3」が成立する。

 

メリット

血の濃さに比例して、インブリードの対象となる祖先馬の因子に対応する能力と爆発力のアップが期待できる。

またインブリードの対象となる祖先馬が持つスピード因子の個数によって爆発力が異なる。

爆発力向上の条件は以下の通り。

血量 スピード因子×0 スピード因子×1 スピード因子×2
12.50%(例:4×4) 爆発力1up 爆発力4up 爆発力7up
18.75%(例:3×4) 爆発力3up 爆発力6up 爆発力9up
25.00%(例:3×3) 爆発力4up 爆発力7up 爆発力10up
31.25%(例:2×4) 爆発力5up 爆発力8up 爆発力11up
37.50%(例:2×3) 爆発力5up 爆発力8up 爆発力11up

 

デメリット

血の濃さに比例して危険度が上がり、体力や気性などに悪影響を与える危険も増す。
ただし、両親の健康が高ければ、危険度を軽減することができる。

≪例≫
両親の健康が共にS以上:危険度-2
両親の健康が共にA以上:危険度-1
※両親のどちらかが健康が高くても片方の健康が低い場合、危険度は軽減されない。

血量 危険度
12.50%(例:4×4) 危険度1up
18.75%(例:3×4) 危険度2up
25.00%(例:3×3) 危険度3up
31.25%(例:2×4) 危険度4up
37.50%(例:2×3) 危険度4up