ウイニングポスト9 2021

【配合理論】ラインブリード

ラインブリード【らいんぶりーど】

種牡馬と繁殖牝馬が同じ子系統に属する場合に成立する子系統ラインブリードと、種牡馬と繁殖牝馬が同じ親系統に属する場合に成立する親系統ラインブリードがある。

さらに条件を満たすことで爆発力が大きくなる親系統ラインブリード爆発型と分類される。

 

子系統ラインブリード

条件

種牡馬と繁殖牝馬の子系統が同じであること。

効果

子系統ラインブリードの爆発力、危険度は以下の通り。
種牡馬と繁殖牝馬がSP系であることにより、さらに爆発力は向上する。

  条件 爆発力 危険度
子系統ラインブリード 種牡馬と繁殖牝馬が
同じ子系統である。
爆発力3up 危険度2up
子系統ラインブリードSP型 種牡馬と繁殖牝馬が
同じ子系統であり、
かつ共にSP系であること。
爆発力5up 危険度2up

血脈活性化配合が成立することによって危険度は軽減される。

 

親系統ラインブリード

条件

種牡馬と繁殖牝馬の親系統が同じであり、子系統が異なる配合をさせた場合に成立する。

効果

親系統ラインブリードの爆発力、危険度は以下の通り。
種牡馬と繁殖牝馬がSP系であることにより、さらに爆発力は向上する。

  条件 爆発力 危険度
親系統ラインブリード 種種牡馬と繁殖牝馬の
親系統は同じであるが
子系統が異なる場合。
爆発力2up 危険度1up
親系統ラインブリードSP型 種種牡馬と繁殖牝馬の
親系統は同じであるが
子系統が異なる場合であり、
かつ共にSP系であること。
爆発力3up 危険度1up

血脈活性化配合が成立することによって、危険度は加算されなくなる。

親系統ラインブリード爆発型

条件

3代前の祖先種牡馬4頭のうち、3頭以上の親系統が同じであり、子系統が異なる場合成立する。

効果

親系統ラインブリード爆発型の爆発力、危険度は以下の通り。
種牡馬と繁殖牝馬がSP系であることにより、さらに爆発力は向上する。

  条件 爆発力 危険度
親系統ラインブリード
3本爆発型
3代前の種牡馬4頭のうち
3頭の親系統が同じであり、
かつ子系統がすべて異なる場合。
爆発力7up 危険度1up
親系統ラインブリード
3本爆発型SP型
3代前の種牡馬4頭のうち
3頭の親系統が同じであり、
かつ子系統がすべて異なり、
種牡馬と繁殖牝馬が共にSP系である。
爆発力9up 危険度1up
親系統ラインブリード
4本爆発型
3代前の種牡馬4頭のうち
4頭の親系統が同じであり、
かつ4頭の子系統がすべて異なる。
爆発力11up 危険度1up
親系統ラインブリード
4本爆発型SP型
3代前の種牡馬4頭のうち
4頭の親系統が同じであり、
かつ子系統がすべて異なり、
種牡馬と繁殖牝馬が共にSP系である。
爆発力13up 危険度1up

血脈活性化配合が成立することによって、危険度は加算されなくなる。