WP9 2022

【系統確立】マキャヴェリアン

kamioka

ここはマキャヴェリアン(親系統:ミスタープロスペクター系を子系統として確立させる方法についてまとめた攻略記事である。

子系統:マキャヴェリアン確立

難易度

中級

種牡馬引退

2004年

エディット

なし

開始年

1976年

海外牧場

あり

DLC

なし

確立年

2004年

private

不使用

支配率

欧州5%

史実馬

非所有

確立させるポイント

1976年スタート、種牡馬マキャヴェリアンは2004年に種牡馬引退時してしまうが、今回はマキャヴェリアンを所有せず引退年の2004年末に欧州5%で系統確立。

種牡馬マキャヴェリアンはスピード70を超える史実馬はストリートクライしかいないが、スピード60台後半の史実馬はある程度いるため、史実馬のみで系統確立を狙うことも不可能ではない。

だがマキャヴェリアンは2004年に17歳で亡くなってしまうため、private種牡馬施設を建設しておくか、幼駒の頃から所有するなどの対策はとりたい。

マキャヴェリアンを所有しない場合またはprivate種牡馬施設を使わない場合は自家生産馬によるサポートはあったほうが良い。

ただマキャヴェリアンは欧州所属の種牡馬ではあるが父は米国血統のミスタープロスペクターであるため、生まれてくる産駒の芝適性は軽めになる。収録産駒のほとんどは欧州所属であるため、史実馬を放置してもスピード60後半程度では大した活躍は見込めない。

そのためマキャヴェリアンの史実馬・架空馬・自家生産馬を所有し走らせる際は、日本または米国で走らせた方が、産駒の種付け料向上につながりやすい。

今回系統確立させた際の流れは

  1. マキャヴェリアンは所有せず。
  2. 種付け頭数は年3頭前後。(多いほうが良い)
  3. 史実馬は所有せず。
  4. マキャヴェリアンの引退年2004年末に系統確立。

所有推奨馬

マキャヴェリアンが種牡馬引退する2004年頃までに系統確立させる場合、所有したほうが良い史実馬は以下の通り。紫色で表示した馬は牝馬。

マキャヴェリアン産駒

ストリートクライは米国所属であるが他は欧州所属であるため、日本や米国に移したほうが活躍させやすい。

人気YouTubeチャンネルがついに書籍化! 1年以上にわたって解説してきた特徴や狙い方を新たに整理した完全版です。初心者にもわかりやすく、血統マニアも納得の内容になっています。

確立した時の種付け料

2004年末に欧州5%で確立したときの種付け料は以下の通り。

  • マキャヴェリアン 2500万
  • ヴェットーリ   250万
  • メディシャン   50万
  • ストリートクライ 150万
  • ストーミングホーム 100万
  • 自家生産馬 1500万
  • 自家生産馬 1500万
  • 自家生産馬 1500万
  • 自家生産馬 1400万
  • 自家生産馬 1100万
  • 自家生産馬 1000万
  • 自家生産馬 600万

系統確立させるメリット

マキャヴェリアンは血統表中に大種牡馬因子・名種牡馬因子を多く含んでいる。ただマキャヴェリアン自身は因子を2つ持っているが、早熟因子があるため能力因子は1つなので母父○の効果を最大限得られるわけではない。

マキャヴェリアンを系統確立させる場合は母父として期待するより、マキャヴェリアン自身で良い幼駒を生産できるように働くか、将来的にミスタープロスペクター系からの独立を狙いたい。

マキャヴェリアンの後継種牡馬候補はメディシャンストリートクライがいる。

共にスピード因子と勝負根性因子を持っているが、ストリートクライの方が収録産駒が多い上、スピードやサブパラが高いためストリートクライの方が後継種牡馬が繋がりやすい。
(マキャヴェリアン → ストリートクライ → ストリートセンス)

マキャヴェリアンの母クドフォリが勝負根性因子を持つことを活かし、父系のラインで繋げていきたい。

また76年スタートの場合、系統確立した時にSP系でなくなってしまうため注意。

スポンサーリンク
ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました